栄養酵母ニュートリショナルイーストの栄養成分、健康効果・効能をご紹介

栄養酵母ニュートリショナルイト

栄養酵母ニュートリショナルイトとは、調味料や栄養補助食品として使用される酵母を不活性化したものです。最もポピュラーな用途の一つは、植物由来のチーズの代用品です。

食品に菌類を加えることに警戒心を抱いている人は、イーストがすでに私たちの好きな食品や飲料の多くに関与していることです。パン酵母とは異なり、栄養酵母は食品を膨張させることはないが、風味を加え、いくつかの重要な栄養素を提供します。

目次

栄養酵母ニュートリショナルイトの栄養成分

以下の栄養情報は、栄養酵母16gについてのUSDAによるものです。[1]

  • カロリー:60
  • 脂肪:0.5g
  • ナトリウム:30mg
  • 炭水化物:5g
  • 食物繊維:3g
  • 糖質:0g
  • タンパク質:8g
  • チアミン(ビタミンB1):10mg
  • リボフラビン(ビタミンB2):10mg
  • ビタミンB6:12mg
  • ビタミンB12:24mg

栄養酵母ニュートリショナルイトの健康効果・効能

栄養酵母ニュートリショナルイトは少量で多くの栄養を含み、栄養不足を補い、健康を促進します。それでは、栄養酵母がもたらす健康効果をいくつかご紹介します。

1:貧血のリスクを軽減

貧血といえば、最初に思い浮かぶ栄養素はたいてい鉄です。しかし、葉酸やビタミンB12の不足も貧血の原因となります。ビタミンB12欠乏症の一般的な治療法は注射ですが、大量経口投与も効果的です。[2]

ほとんどの栄養酵母にはB12が強化されており、1食あたり1日摂取量の500%以上が摂取できます。B12は水溶性であるため、食品から大量に摂取しても毒性を引き起こす可能性は低い。

植物性の食事や菜食主義の人は、ビタミンB12の摂取源が限られていることが多いので、栄養酵母はこの必須栄養素の重要な供給源となります。

2:心臓の健康をサポート

栄養酵母にはβ-グルカンと呼ばれる物質が含まれており、これは植物、細菌、菌類の細胞壁に見られる炭水化物の一種です。β-グルカンの摂取量が多いほど、「悪玉コレステロール」の低下や「善玉コレステロール」の増加など、心臓血管に良い結果をもたらします。[3]

さらに、ほとんどの栄養酵母には血圧を下げるカリウムが含まれています。栄養酵母は減塩で心臓に良い調味料であり、風味豊かな料理に風味を加えます。

3:免疫系機能を促進する可能性

より多くの研究が必要ですが、いくつかの研究で、酵母由来のβグルカンが免疫力を強化することが指摘されています[4]。研究者は、βグルカンが腸内で細菌発酵することがこれらの利点につながると考えています。

βグルカンはまた、マクロファージのような重要な免疫系細胞の活性を刺激する可能性がある。動物実験では、βグルカンが炭疽菌感染を撃退する免疫系を装備する能力さえ実証されている。栄養酵母は、この有望な栄養素の摂取量を増やす簡単な方法です。

4:便秘の予防

栄養酵母は16g当たり3gの食物繊維を含んでいます。食物繊維は不可欠ですが、残念ながらほとんどの人は十分に摂取できていません。食物繊維の推奨摂取量は少なくとも1日25~35gですが、一般的な人の摂取量はその半分以下です。

食物繊維は、水分を大腸に引き込み、便にかさと柔らかさを与えることで、便通を整えます。チーズやその他の調味料の代わりに栄養酵母を使うことで、十分な食物繊維の摂取を目指すことができます。

5:糖尿病管理を助ける

食物繊維が消化に果たす役割に加え、十分な食物繊維を摂ることは血糖値の急激な変動を防ぐのに役立ちます。低食物繊維の食事計画は、様々な集団研究で糖尿病のリスクを高めることが示されています。[5]

食物繊維は消化を遅らせ、満腹感を高め、空腹感と食物の血糖反応をコントロールします。または糖尿病の予防に役立つだけでなく、糖尿病患者が良好な数値を維持するのにも役立ちます。栄養酵母は、皿に食物繊維を増やす創造的な方法です。

栄養酵母ニュートリショナルイトの副作用

イースト菌やカビに対するアレルギーが疑われる場合は、アレルギー専門医の診断を受けてください。イースト菌の過剰増殖も、イースト菌アレルギーとは無関係の可能性のある疾患です。イーストの過剰増殖は、免疫系が低下している場合や抗生物質治療後に起こることがあります。

イーストは多くの食品に含まれるため、真のイーストアレルギーを持つ人は、焼き菓子、発酵アルコール飲料、マーマイト/ベジマイト、サワードウブレッド、特定のマルチビタミンなど、いくつかの食品を避けなければならない場合があります。

ビール酵母とは異なり、栄養酵母ニュートリショナルイトは不活性であり、悪影響を引き起こす可能性は低い。しかし、過敏性腸症候群(IBS)や偏頭痛を患っている場合は、イーストが引き金になる可能性があります。栄養イーストのような新しい食品を試す場合は、体調に注意し、副作用に気をつけましょう。

栄養酵母ニュートリショナルイトの調理や使い方

ニュートリショナルイトの味は、ナッツやチーズのようだとよく言われます。パスタ、ローストした肉、野菜、サラダなど、風味のある料理に加えるのが一般的です。

栄養酵母の面白い使い方としては、以下のようなものがある:

  • ポップコーンの調味料として使う
  • パルメザンチーズの代わりにパスタに使う
  • チーズソースの代替品として使う
  • スープに混ぜる
  • スクランブルエッグに加える
  • ガーリックブレッドに振りかける

自分のお好みで使ってみてください。

栄養酵母ニュートリショナルイト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次