タイムの栄養成分、健康効果効能、副作用〜髪の成長が促進する?

タイムの栄養効果効能・副作用

タイム(Thymus vulgaris)は、肉、魚介類、野菜料理の風味付けによく使われる香りのよいハーブです。ミントの仲間で、古代ギリシャやエジプト時代から何世紀にもわたって使われていました。この手に入りやすいハーブを料理に使うこともあるでしょうが、多くの人がタイムの健康効果を楽しんでいます。

目次

タイムの健康効果・効能

タイムは、古代文化では寺院や葬儀の儀式に使われていました。[1]また、薬草としても人気を博した。今でも世界中の人々が、以下のような症状の治療に利用しています:

  • 口臭
  • 喉の痛み
  • 乳幼児の疝痛
  • 関節炎
  • 消化不良
  • 下痢
  • おねしょ
  • 皮膚障害
  • 寄生虫
  • 喉頭炎
  • 扁桃腺炎

タイムはまた、食欲を刺激し、水分の排出を促進するためにも使われる。

しかし、現在のところ、これらの症状に対するタイムの使用を支持する十分な証拠はありません。

タイムと他のハーブを併用することで、上気道感染症や風邪の患者の咳を和らげることができるという予備的な証拠はいくつかあります。[2]また、タイムを含むハーブの組み合わせが、気管支炎の症状を和らげる効果があることを示す研究もあります。[3]

最後に、タイムは髪の成長を促進する働きがあるそうです。ある臨床研究によると、ラベンダーオイルにタイム、ローズマリー、シダーウッドのエッセンシャルオイルを加えたものを局所的に塗布すると、髪の成長を促進することがわかった。[4]

タイムの栄養成分

タイムのカロリーはほとんどありません。1回分のタイムは、フレッシュハーブなら大さじ2杯、ドライハーブなら小さじ1杯程度で1kcal未満です。タイムのカロリーは炭水化物、主に食物繊維からくるのです。

タイムを摂取しても、ビタミンやミネラルの摂取量が大幅に増えることはない。ただし、ビタミンA、ビタミンC、マグネシウム、カリウムは少量摂取できます。

タイムの選び方・使い方、保存法

新鮮なタイムを購入する場合は、茎が木質で背が高く、葉が鮮やかな緑色か灰色がかった緑色のもの、花が見えないものを選びましょう。

新鮮なタイムを持ち帰ったら、使うまで洗わないでください。ペーパータオルに包んでビニール袋に入れるとよいです。タイムは冷蔵庫で保存し、1週間以上新鮮さを保ちます。

タイムを使うときは、茎を指でなぞって葉と茎を切り離す。

タイムの風味は、よく松のようだと言われます。人によっては、苦味や花のような香りを感じることもあると思います。ブーケガルニやハーブ・ド・プロヴァンスなどの調味料によく使われます。魚料理や鶏肉料理、パスタの風味付けにも使ったりします。

タイムの可能性のある副作用

Natural Medicines databaseによると、タイムは、食品の風味付けに使用した場合、成人、小児、妊娠中および授乳中の女性にとって安全である可能性が高く、薬用に使用した場合も安全である可能性があると示しています。

タイムを外用すると、皮膚に炎症を起こすことがあるかもしれません。アセチルコリンエステラーゼ(AChE)阻害薬、抗コリン薬、抗凝固薬、抗血小板薬、コリン作動薬、エストロゲンなど、特定の薬を服用している人は、タイムを使用する前にかかりつけの医師に相談してください。

そのため、乳がん、子宮がん、卵巣がん、子宮内膜症、子宮筋腫のある女性は、タイムの使用に注意が必要です。

さらに、出血性疾患のある人がタイムを多量に使用すると、過剰な出血やあざができることがあり、または、手術の2週間前からタイムは避けたほうがよいでしょう。

タイムに対するアレルギー反応はまれですが、オレガノや他のシソ科の植物にアレルギーのある人に起こりやすいとされています。

タイムは冷凍できますか?

はい。茎に葉がついたまま冷凍します。茎をビニール袋に入れて、使うときまで冷凍してください。

タイムにはいろいろな品種がありますか?

レモンタイム、細葉のフレンチタイム、広葉のイングリッシュタイムなど、タイムにはさまざまな品種があります。一般的によく見かけるのは、コモンタイム(Thymus vulgaris)です。

タイムの栄養効果効能・副作用

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次