根セロリの栄養、健康効果・効能、旬の時期、食べ方レシピを紹介

根セロリの栄養、健康効果・効能、旬の時期、食べ方レシピを紹介

セロリの根はセロリとも呼ばれ、他の根菜類とは異なり、デンプン質が少ないのが特徴である。新芽と根の両方を利用する目的で栽培されるセロリの一種で、その風味は、おなじみの緑色のセロリの茎の香りがする。

セロリは、見た目がゴツゴツしているので、初めて見る人は少し戸惑うかもしれない。セロリの皮のむき方は、少し練習が必要ですが、一度コツをつかめば、セロリの根を主食にすることができます。

根セロリを使った料理は、デンプンの欲求を満たすが、炭水化物が少なく食物繊維が豊富ので、お腹が空いたときに食べるとよいでしょう。

目次

根セロリの栄養成分

以下の栄養情報は、生の根セロリ1カップ(156g)についてのUSDAによるものです。[1]

  • カロリー:66
  • 脂肪:0.5g
  • ナトリウム:156mg
  • 炭水化物:14g
  • 食物繊維:2.8g
  • 糖質:2.5g
  • たんぱく質:2.3g
  • ビタミンK:64mcg
  • カルシウム:67.1mg
  • 鉄:1.1mg
  • カリウム:468mg
  • マグネシウム:31.2mg
  • 亜鉛:0.5mg
  • ビタミンC:12.5mg
  • ビタミンB6:0.3mg

炭水化物

根菜でありながら、セロリの根は1カップあたり2.5gと天然由来の糖質は少なめ。また、セロリには2.8gの食物繊維が含まれています。

食品のグリセミック指数は、その食品が血糖値をどのくらい速く上昇させるかを示す指標である。生のセロリ根のGI値は35で、これは低GI値です(55以下は低GI値とみなされます)。

脂肪

セロリの根には、ほんの少量の不飽和脂肪酸が含まれています。

たんぱく質

1カップあたり約2gのタンパク質が含まれています。

ビタミンとミネラル

セロリと同様、セロリもビタミンKの優れた供給源で、FDAが定める1日の摂取量の53%を摂取することができます。また、食物繊維、ビタミンC、リン、カリウムの供給源としても優れています。

根セロリの健康効果・効能

セロリには、ビタミン、抗酸化物質、食物繊維が含まれているため、一般的な食事プランに加えることができます。セロリの根のような白色野菜は、十分な健康効果が得られないという悪い評判が立つことがありますが、実際には多くの健康効果が期待できます。

1:血液と骨の健康をサポート

カップ1杯のセロリ根で、女性なら71%、男性なら53%のビタミンKを摂取することができます。血液凝固プロセスに必要であることに加え、ビタミンKは骨の健康にも重要です。

8万人以上の参加者を網羅した2017年のレビュー研究では、食事によるビタミンKの摂取量が多いことと骨折のリスク低下との間に関連性があることがわかりました。

最も高いビタミンKの摂取量は、最も低い摂取量と比較して骨折のリスクを22%減少させることに関連しました。セロリの根には、骨の成長に不可欠なリンというミネラルも少量含まれています。[2]

2:細胞の損傷を修復する

ほとんどの果物や野菜と同様に、セロリの根にも抗酸化物質が含まれています。これらの有益な化合物は、酸化ストレスによって引き起こされる損傷を癒すのに役立ちます。このストレスは、糖尿病、肥満、心臓病などの慢性疾患につながる可能性があります。[3]

3:腸の健康を促進する

他の食物繊維源と同様、セロリも食べると満腹感が得られるため、体重管理を助けることができます。また、食物繊維は心臓と消化器の健康をサポートし、腸内の善玉菌に栄養を与えます。[4]

4:FODMAPsが少ない

セロリそのものとは異なり、セロリ根は低FODMAP食に適しています。FODMAPsは、過敏性腸症候群(IBS)などの腸の病気を持つ人に消化器系の症状を引き起こす可能性のある短鎖炭水化物です。

根セロリのアレルギー

セロリにアレルギーのある人は、2つの植物が非常に近縁であることから、セロリにも反応することがあります。花粉症、特にカバノキの花粉にアレルギーがある方は、特にセロリやセロリ根を扱ったり生で食べたりした場合に、交差反応(口腔アレルギー症候群)を経験する可能性があります。食物アレルギーをお持ちの方、またはその疑いがある方は、症状について医師と相談し、診断と管理のための計画を立ててください。

副作用

クマジン(ワーファリン)またはその他の血液凝固阻止剤を服用している場合は、一定量のビタミンKを摂取する必要があります。食生活については、医師または栄養士に相談してください。

根菜類は他の野菜に比べて硝酸塩の含有量が多いので、食生活や健康状態に問題がある場合は注意が必要です。ほとんどの人にとって、硝酸塩は危険ではなく、むしろ健康に役立つ可能性があります。[5]

根セロリの品種

セロリ根(セロリアック)は、一般的なセロリの一種である。球根状の節があることから、ノブセロリ、カブ根セロリとも呼ばれる(実際は大きな丸い茎)。茎や葉は緑色で、食べたり、飾りとして使うことができるが、販売する際には取り除いてしまうことがあります。

根セロリ旬の時期

セロリの根は冬に収穫されます。新鮮なセロリを手に入れるには、柔らかい部分がなく、根の部分が少ない、重めの球根を選ぶとよいでしょう。

根セロリの保存方法

セロリの根は、使うときまで洗ったり皮をむいたりしないで、茎がある場合は根から切り離して保存します。冷蔵で3週間ほど保存可能です。調理後は、冷蔵庫で数日、冷凍庫で数カ月保存可能です。

根セロリ調理方法

セロリ根は、スープ、シチュー、ラテ(ポテトパンケーキ)、グラタン、ピューレ、「ライス」(フードプロセッサーで刻む)、チップス(ポテトチップスの代わり)など、多くのレシピでジャガイモの代わりに使用することができる。マイルドな味わいなので、ハーブやスパイスの組み合わせも自在です。また、サラダに混ぜたり、すりおろしたりして、生で食べることもできます。

セロリ根はセロリとは全く異なる食感なので、一般的に両者は代用品として使えません。代わりに、セロリ根はジャガイモ、パースニップ、ニンジンの代用品になります。

根セロリの栄養、健康効果・効能、旬の時期、食べ方レシピを紹介

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次