アップルサイダービネガーの栄養成分、健康効果効能、副作用は?

アップルサイダービネガー(ACV)は、リンゴ酢

アップルサイダービネガー(ACV)は、リンゴ酢から作られる酢であり、一般的にピリッとしたドレッシングやビネグレットとして、また温かい飲み物や冷たい飲み物に加えられます。ACVのルーツは何世紀も前にさかのぼり、かつては咳や感染症の治療薬として古代の人々に愛用されていた。[1]

今日では、アップルサイダービネガーは血糖値を調整し、足の臭い菌と戦い、軽い日焼けを和らげる「万能」液として賞賛されている。謳い文句は自由奔放に流れ、健康のさまざまな分野に及んでいるが、科学はこれらの謳い文句のうち、ある程度までしか真実でないことを突き止めた。

リンゴ酢の製造工程では、リンゴの糖分が酵母やバクテリアによって発酵され、アルコールが生成され、酢酸が生成され、最後に酢が生成される。多くのACVのボトルには「MOTHER/マザー」と書かれているが、これはACVの有益な特性の多くに関係している。

簡単に言えば、「MOTHER」とは酢に添加されるバクテリアのことで、酢が濁って見えることから、しばしば製品が「オフ」であると誤解され、多くのブランドはフィルターを通してこれを完全に除去している。

ACVにまつわる健康上の主張の人気を考えると、ACVは主流商品となり、現在では液体、カプセル、チュアブルタイプで販売されています。

目次

アップルサイダービネガーの栄養成分

大さじ1杯(15ml)のBragg’s ACVの栄養情報は、USDAによって提供されています。[2]

  • カロリー:0
  • 脂肪:0g
  • ナトリウム:0g
  • 炭水化物:0g
  • 糖質:0.4g
  • 食物繊維:0g
  • タンパク質:0g

大栄養素の数から見ると、Bragg’s ACVには、100ミリリットル中、炭水化物、脂肪、タンパク質はほとんど含まれておらず、実質的なカロリーや栄養素はないです。

アップルサイダービネガーの健康効果・効能

アップルサイダービネガーの効能を謳う主張は枚挙にいとまがないが、その大半は具体的な科学的裏付けを欠いています。ACVによるプラスの効果を経験する人もいるかもしれないが、主張されている効能の多くは、まだ大規模に証明されていないです。

しかし、低温殺菌されていないACVには、発酵過程で発生した天然のバクテリアが含まれている。これらのバクテリアの一部は、私たち自身の腸内細菌に影響を与えるかもしれない。さらに、ACVには抗酸化物質も含まれている。[3]

1:血糖値の調節を助ける

グルコースは身体の主な燃料源として働く。血糖値が何度も上がりすぎると、糖尿病になりやすくなります。アップルサイダービネガーを食事の一部として摂取すると、でんぷん質の食品を食べた後の血糖値の上昇を抑えることができる場合があるようです(例えば、パスタサラダに酢ドレッシングをかけたり、サイドサラダにビネグレットをかけたりする)。

ある小規模な研究では、2型糖尿病の男性4人と女性7人(40~72歳)を追跡調査し、参加者は毎日、寝る前に標準化された食事プランの一部として大さじ2杯のアップルサイダービネガーを摂取した。この研究では、典型的な空腹時グルコースが7.2mmol/Lを超える参加者において、アップルサイダービネガーの摂取が起床時のグルコースレベルに好影響を与えることが示された。[4]

別の研究では、食酢またはプラセボを摂取した人の食後の血糖値を調べたところ、食酢を含む食事の方が血糖値反応が低いことがわかった。[5]

2:コレステロールを減らす

コレステロールは血液中に含まれるワックス状の物質で、体内でホルモンやビタミンDを作り、食べ物を消化するのに必要な物質である。しかし、低比重リポタンパク質(LDL)として知られる悪玉コレステロールが多すぎると、動脈にプラークが蓄積する原因となります。[6]

高脂血症(高コレステロール)の患者19人を対象とした8週間の研究では、ベースライン時と2週目、4週目、8週目に血液を分析した。アップルサイダービネガーを摂取すると、総コレステロール、トリグリセリド、LDLが全体的に減少し、コレステロールを肝臓に運び体外に排出する「善玉」コレステロールである高密度リポタンパク質(HDL)が増加した。[7]

2018年の研究でも同様の結果が得られているが、推奨を行うには、より大規模なグループを用いたさらなる研究が必要である。[8]

3:減量を助ける可能性

アップルサイダービネガーは、その満腹効果により体重減少を助けるという評判があり、その結果食欲が減退する可能性があります。満腹効果は、余分な水分摂取にも関係しているかもしれないです。様々な研究の結果は結論が出ておらず、さらなる研究が必要です。[9]

アップルサイダービネガーは、推奨濃度であれば摂取しても安全であるが、いかなる健康状態の治療薬としては承認されていません。

アップルサイダービネガー副作用

アップルサイダービネガーなどの酢を摂取すると、その酸味のために吐き気を催すことが知られており、原液を空腹時に摂取するとその症状はさらに増強されます。また、そのまま摂取すると歯のエナメル質を劣化させ、のどを悪化させることもあります。

一般的には、1日大さじ2杯程度を水に混ぜて摂取すれば安全です。希釈することで、歯のエナメル質を保護することができます。

アップルサイダービネガー(ACV)は、リンゴ酢

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次